本サイトは一部PR広告が含まれます

KATIXカチエックス(旧アップス)ならローン未完済のバイクが高額で売れる!注意点を解説

KATIX(カチエックス)k旧アップスバイク査定はローンが残っているバイクでも可能 バイク情報

ローンが残っているバイクを売却する場合、まずはバイクの所有者となっている金融機関に残っているローンを完済することが一般的な方法です。しかし、これによって一括で大きな支払いを行う必要があるため、負担が大きくなります。

しかし、実際には、バイクの所有権を引き継ぎながら、ローンが残っている状態でも売却が可能です。具体的には、バイクを売却する際に、売却代金から残っているローン分を差し引いた金額を一括で金融機関に支払い、残りの代金を受け取ることで、バイクの所有権を譲渡することができます。

また、バイクの買取価格よりも残っているローンの金額が高い場合には、売却が難しくなる場合があります。そのため、バイクの市場価格と残っているローンの金額を比較し、売却可能かどうかを確認することが重要です。

売却可能かどうかを確認する方法としては、バイク買取業者やKATIXカチエックス(旧アップス)などのオークションサービスにバイクの情報を入力し、査定額を見積もってもらう方法があります。また、ローンが残っている場合にも対応可能なバイク買取業者を選ぶことで、スムーズに売却することができます。

この記事では、ローンで購入した愛車を売却する際のポイントについて解説していきます。

この記事は2024年2月25日に更新しています。

2023年4月3日に「アップス」から「KATIX(カチエックス)」へ名前が変更されました。サービス内容には変更点はないので、引き続き同じ内容でご利用可能です。

カチエックスの入札期間と入札が少ない・ないパターン

29秒でお試し無料査定はこちら
利用料・キャンセル料など費用は一切かかりません

バイクをどこよりも高額で売るなら
カチエックス」 
完全無料29秒の入力で全国一括査定が可能!
中間取引業者を大幅カットすることで中間マージン削減でき高額取引を実現

\ KATIX公式サイトはコチラ /
29秒で無料お試し査定はコチラ

あなたの愛車を一番高く売る!ネットでバイク売るならKATIX【KATIX】

バイクの所有権と使用権について

バイクの所有権は、バイクを完全に所有していることを意味します。所有者は、バイクを自由に使用したり、売却したりする権利を持っています。所有者は、バイクの維持や修理、車検、保険などに責任を負います。また、所有者は、盗難や事故などのトラブルについても責任を負います。

一方、使用者は、所有者から許可を得てバイクを使用することができます。使用者は、所有者の指示に従ってバイクを使用することが義務付けられることがあります。所有者と使用者が同一人である場合は、所有者と使用者の欄に同じ名前が入ることになります。

所有権の譲渡には、売買契約書の作成や自動車検査証の所有者欄に新しい名前を記入することが必要です。これによって、バイクの所有権が正式に譲渡されます。所有権が譲渡されるまでは、古い所有者がバイクの所有者であり、新しい所有者はバイクを所有する権利を持ちません。

所有者がバイクを売却する場合は、売買契約書を作成して新しい所有者の名前を記入し、所有者欄を新しい所有者の名前に変更する必要があります。また、自動車検査証の所有者欄も新しい所有者の名前に変更する必要があります。これらの手続きを完了することで、所有権が新しい所有者に正式に譲渡されます。

所有者がバイクを盗まれた場合は、所有者は警察に通報する必要があります。盗難届を提出し、保険会社にも連絡することが必要です。所有者は、盗難されたバイクを所有する権利を持っており、バイクが見つかった場合は、所有者が引き取ることができます。

所有権は、バイクを所有するために必要な権利の一つであり、所有者はバイクを自由に使用できる権利を持ちます。所有者は、バイクの維持や修理、車検、保険などに責任を負うと同時に、売却や譲渡、盗難などのリスクも負います。

所有権移転登録するには

バイクの所有権を変更するには、原則として所有権移転登録を行う必要があります。

所有権移転登録とは、既存の所有者から新しい所有者への所有権譲渡の手続きであり、適切な手続きを行わないと、法的に所有者となったことにはなりません。

所有権移転登録には、バイクローンの完済証明書が必要です。完済証明書は、バイクローンを完済したことを証明する書類であり、ローン会社から発行されます。完済証明書を取得するためには、ローンの全額を返済する必要があります。

しかし、バイクの所有者がローンを完済するまでに売却したい場合は、未完済の状態で売却することも可能です。ただし、その場合はローン残高を売却額から差し引かれます。つまり、ローン残高が売却額を上回ってしまうと、所有者は残りのローン残高を支払わなければならなくなります。

そのため、未完済のローンがある場合には、高値でバイクを売ることができる買取業者を見つけることが重要です。買取業者によっては、ローン残高を買い取ってくれる場合があります。また、オークションなどで自分で売却する場合にも、高値で取引できるように慎重に買い手を選ぶことが必要です。

さらに、所有者が変更されたことを証明するためには、所有権移転登録を行う必要があります。所有権移転登録は、住所や氏名、印鑑証明書、バイクの登録証明書などが必要となります。所有権移転登録の手続きには、各都道府県の陸運局で行う必要があります。

バイクローンが未完済のバイクを売却する方法

バイクを所有している場合、ローンが残っているとそのバイクを自由に売却することができません。ローンが残っている状態でバイクを売却する場合は、ローン残高を完済する必要があります。しかし、ローンの残高を一度に返済することができない人もいるかもしれません。

買取業者を利用する場合、所有権の解除や名義の変更手続きも買取業者が代行してくれます。また、買取業者はバイクの状態を確認して査定を行い、適正な買取金額を提示してくれます。しかし、買取業者によって査定額が異なることがあるので、複数の業者に査定を依頼することをおすすめします。

バイクの売却前には、必ず契約書を確認してからサインするようにしましょう。契約書には、買取金額や手数料、返済方法、所有権の移転手続きなどが記載されています。契約書をしっかり確認することで、トラブルを回避することができます。

ローンが残っているバイクを売却する方法を解説してきます。

買取額がローン返済額を下回るケース

売却する車の残債がある場合、買取額が残債よりも低くなってしまうことがあります。この場合、手出しをすることで売却することができます。手出しとは、買取額と残債の差額を現金で支払うことを指します。

手出しをすることで、買取額が残債を下回ってしまう場合でも、車の売却が可能になります。ただし、手出しをするためには、現金が必要になるため、負担が大きいことがあります。

また、手出しをしない場合でも、ローンの支払いが続くため、毎月の支払いに負担がかかります。そのため、手出しをしたら毎月の支払いがなくなる点はメリットの一つと言えます。

ただし、手出しをしなければならない場合、その額が大きくなることがあります。そのため、買取額が残債を下回ることがないように、高く売れる会社を探すことが大事です。複数の買取会社に見積もりを依頼して、最も高い金額を提示してくれた会社を選ぶことがおすすめです。また、車を維持するためにも、車検や整備記録簿を整えておくことも重要です。

買取額がローン返済額を上回るケース

売却する場合には、所有権解除や名義変更の手続きを行う必要がありますが、バイク屋さんが代行してくれることが多いため、手続きについては心配する必要がありません。

また、もしバイクに残債がある場合は、バイク屋さんがその残債を差し引いた差額を受け取ることができます。これは、バイク屋さんが残債を支払ってくれるため、バイクの所有者がその負担から解放されるということです。ただし、バイクの残債が高額である場合には、売却価格が足りなくなってしまう可能性がありますので、事前に残債の金額を確認し、バイク屋さんとの話し合いを進めることが重要です。

バイクローンが完済しているバイクを売る

バイクローンが完済している場合の売却時の注意点を解説していきたいと思います。

所有者が本人と異なるケース

バイクを購入する際には、ローンを組んで購入する場合があります。この場合、バイクはローン会社の所有となり、ローンの完済が行われるまで所有権は解除されません。したがって、ローン完済済みのバイクを売却する場合、ローン会社の所有権が解除されているかどうかを確認する必要があります。

一般的に、ローン完済済みのバイクは問題なく売却することができます。ただし、ローン会社の所有権が解除されていない場合、バイクの売却手続きが行えない可能性があります。このような場合、ローン会社に所有権解除の手続きを行ってもらう必要があります。

バイクの所有者は、手元にある車検証(軽自動車届出済証、標識交付証明書)を確認することで、ローン会社の所有権が解除されているかどうかを確認することができます。所有権が解除されている場合、車検証に「所有者記載事項変更済」の印が押されていることがあります。一方、所有権が解除されていない場合、車検証に「抹消」という印が押されていることがあります。売却時には、車検証に記載された情報が正しいかどうかを確認することが大切です。

名義変更手続きには、完済証明書が必要です。完済証明書は、バイクのローンが完済したことを証明する書類であり、ローン会社から発行されます。完済証明書があれば、名義変更手続きを代行してくれるバイク屋さんが手続きを進めてくれます。

しかし、完済証明書が紛失している場合には再発行する必要があります。再発行には、ローン会社に連絡して手続きを進める必要があります。再発行には手数料がかかる場合がありますので、詳細についてはローン会社に問い合わせることが必要です。

バイクの所有者が本人のケース

バイクの所有者が自分の場合は、言うまでもなく売却が可能です。

自分の所有するバイクを売却する場合、高く売るためにはいくつかのポイントに注意する必要があります。

まず、買取業者を選ぶ際には、複数の業者を比較し、高く買い取ってくれる業者を選ぶことが大切です。特に、車種や状態によっては、買取価格に大きな差が生じることがあります。

こうした場合、買取業者に査定を依頼して、複数の業者から買取価格を提示してもらうと、より正確な価格を把握できます。また、ネット上での一括査定サービスを利用することで、手軽に複数の業者から査定を受けることができます。

買取業者の中でも、特に高く買い取ってくれる業者としてKATIXカチエックス(旧アップス)がおすすめです。KATIXは、販売店、買取店、その他300社以上の多数の業者が参加するオークションを運営しており、そのため競争が激しく、その分買取価格も高くなる傾向があります。

KATIXカチエックス(旧アップス)ならローン未完済のバイクも売却できる

引用元:KATIX

KATIXカチエックス(旧アップス)って、中古バイクを高く売りたい人や手間をかけずに売却したい人に超オススメのサービスだよ。KATIXでは、全国のバイク買取業者があなたのバイクを査定して、最高額がついた会社に売ることができるんだ。これなら、多数の業者に査定を依頼する手間や時間を節約できるよ!

バイクの写真で査定するから、最低でも6枚の写真をアップロードしないといけないんだけど、できるだけ多くの写真を提供すれば査定額がアップするんだって。加えて、バイクの詳細な情報を提供すれば、より正確な査定額を得ることができるよ。

もし、残債額や売却希望条件を教えることで事前に金額交渉ができるし、ローンが残っている場合でもスムーズに売却することができるんだ。

KATIXは、査定結果が出るまでの時間が短いところがイイところの一つ。最短で24時間以内に最高額をお伝えするから、とってもスピーディーだよ。もし査定額に納得がいかない場合には、売却しなくてもオッケーだから安心してね。

それに、査定や売却の手数料が無料なのが最高に魅力的だよ。手数料がかからないから、バイクの売却額をそのまま手元に残すことができるから最高だよね!

だから、KATIXはバイクを高く、早く、手軽に売却できるサービスとしてみんなから支持されているんだよ!

29秒でお試し無料査定はこちら
利用料・キャンセル料など費用は一切かかりません
バイクをどこよりも高額で売るなら
「カチエックス」 
完全無料29秒の入力で全国一括査定が可能!
高額買取の仕組みは中間取引業者を極限にカットすることで、中間マージンの削減に成功。

KATIX公式サイトはコチラ↓

29秒で無料お試し査定はコチラ↓
ネットでバイク売るならKATIX【KATIX】

コメント