本サイトは一部PR広告が含まれます

長瀬智也のバイク用ヘルメットは「Bell R-T初期型のヴィンテージ」

有名人のバイク情報

長瀬智也がバイク乗車時に着用しているヘルメットは「Bell R-T」の初期型です。SPEED ADDICTというバイクショップが取り扱っているので紹介していきます。
またベルの歴史についても解説します。

長瀬智也のバイクグローブのブランド3選を紹介「ファッションセンスが良すぎる」

バイクをどこよりも高額で売るなら
「カチエックス」 
完全無料29秒の入力で全国一括査定が可能!
高額買取の仕組みは中間取引業者を極限にカットすることで、中間マージンの削減に成功。

KATIX公式サイトはコチラ↓

29秒で無料お試し査定はコチラ↓
ネットでバイク売るならKATIX【KATIX】

長瀬智也がバイク乗車時に着用しているヘルメット

1970年代に製造された、BELL「R-T」の初期型のビンテージです。R-T(ロードトライアル)は500-TXの後継機種で、1971年から1980年代後半まで製造されました。本製品は、1970年代前半に製造された極初期のモデルです。

初期型R-Tのシルエットは500-TXとほぼ同じなので、帽子の小さいジェットヘルメットをお探しの方にはおすすめです。BELL「R-T」は、耐久性と信頼性に優れ、軽量なので、お客様がライディング中に扱いやすいのが特徴です。

米国で製造され、ペンシルベニア州交通局(PennDOT)の基準をクリアしており、その独自性、特別な品質も加わっています。また、「Bell R-T」は、ブラック、ホワイト、レッド、ブルーなど複数のカラーを用意しており、お客様のスタイルやニーズに合ったカラーを見つけることができます。

さらに、シェルにはエアロダイナミック形状が採用されており、騒音を最小限に抑え、お客様の快適性を最大限に高めることができます。ベルR-Tは、軽量でスタイリッシュ、そして安全なジェットヘルメットをお探しの方に最適な製品です。

BELLヘルメットの歴史

1950年代初頭、レース場での頭部への衝撃による重傷者が続出し、ロイはより安全なヘッドギアの必要性を認識するようになった。そして、車1台分のガレージから始まったベル自動車部品会社の「ヘルメット部門」を設立した。そこでロイは、世界中のヘルメットを網羅したカタログを作成し、比類なきコンセプトを作り上げることを目指した。そして、長い試行錯誤の末、最初のプロトタイプとなる「500」ヘルメットが誕生した。このヘルメットは、その後、世界で最も厳しいとされるスネル規格に合格した「500-TX」へと受け継がれた。このように、ロイのヘルメットは大成功を収めたのである。

1956年のベルヘルメットの誕生は、ロイたちの予想をはるかに超える成功を収め、1957年にはベルヘルメットだけを扱う新会社を設立するまでに至った。そして5年後、世界初のフルフェイスヘルメット「STAR」を発表した。その先進的なデザインは近未来的と評され、多くのプロライダーが愛用するようになった。このモデルは、現在広く使われているフルフェイスヘルメットの基礎となった。BELL HELMETSは “500 “の発売以来、一貫してモータースポーツ界で存在感を示し続け、世界中のライダーから信頼を得ている。

長瀬智也着用のヘルメットは「SPEED ADDICT」で購入可能

長瀬智也は185cmの長身と日本人離れした手足の細さで、バイクに乗りながらバイクファッションに身を包む姿は、スポーツバイクとは一線を画すクールさと厳しさを醸し出していますね。

長瀬智也が主に愛用しているヴィンテージヘルメットは、もう新品で購入することができないため、デッドストックor中古品から確保する必要がある。

SPEED ADDICTというバイク専門のセレクトショップで1971年から1980年代後半まで生産されたヘルメットを中古品で購入可能となっています。

 

長瀬智也のバイクグローブのブランド3選を紹介「ファッションセンスが良すぎる」

有名人のバイク情報
シェアする
ETCを使ってお得に高速に乗る方法‼

コメント