本サイトは一部PR広告が含まれます

エイチジェイシーRPHA11の評判レビュー「サイズは小さめでインカムが痛い」

バイク情報

韓国ヘルメットメーカーのHJCのモデルRPHA11の特徴や評判や口コミレビューを紹介します。

【2024年】HJCフルフェイスヘルメットのおすすめ商品17選

バイクをどこよりも高額で売るなら
「カチエックス」 
完全無料29秒の入力で全国一括査定が可能!
高額買取の仕組みは中間取引業者を極限にカットすることで、中間マージンの削減に成功。

KATIX公式サイトはコチラ↓

29秒で無料お試し査定はコチラ↓
ネットでバイク売るならKATIX【KATIX】

エイチジェイシーRPHA11シリーズの特徴について

2024年時点で、HJC RPHA11シリーズは全部で9モデル展開しています。

  • SEGA  SONIC(ソニック)
  • GHOST CALL OF DUTY(ゴースト コール オブ デューティ)
  • TOOTHLESS(トゥースレス)
  • GREEN GOBLIN(グリーンゴブリン)
  • PUNISHER(パニッシャー)
  • ANTI VENOM(アンチヴェノム)
  • CARBON SOLID(カーボンソリッド)
  • MARVEL VENOM2(マーベル ヴェノム2)
  • SOLID(ソリッド)

HJC RPHA11シリーズの主な特徴は以下になります。

  • 脱着式速乾内装
  • UV99%カット
  • シールド(HJ26使用)
  • クイックリリース
  • アンチフォグレンズ装着可能
  • Dリング
  • 眼鏡スリット
  • 2サイズ帽体

素材「強度と軽量化を兼ね備えた素材」

保護ヘッドギアの外層には、ガラス繊維、アラミド、カーボンを組み合わせたP.I.M. (Premium Integrated Matrix) Plus素材が使われています。その結果、強度と軽量化を両立させることに成功しました。

シールド「曇りにくい」

2Dフラットレーシンググラスが付いています。HJC RPHA11 Proのヘルメットシールドは透明なカバーで、可動させることでより良い居住性を確保できます。

また、特殊な曇り止めレンズを使用しているため、曇りの発生を抑え、クリアな視界を確保することができます。このレンズは、広視野と呼ばれる、より広い視野を提供します。さらにサングラス、メガネをかけている方にも対応しています。

緊急解除システムあり

RPHA11には緊急離脱機能が装備されており、ライダーの快適性を損なうことなく、頭部の安全性をさらに高めています。

また、万が一の際にも素早く医療処置が行えるよう、緊急解除システムを装備しています。さらに、ヘルメットのチークパッドは緊急ロックシステムと連動するよう特別に設計されており、緊急時に素早くヘルメットを脱ぐことができます。

静穏性「風切り音はそこまで気にならない」

高速道路を走行中、小さな風音も気にすることなく楽しめました。風切り音は、インカムでの会話や音楽を邪魔するほど大きくはありませんでした。

通気性は良し

ヘルメットの内側に施されたライニングは、ユーザーに心地よい感覚を与え、ACVテクノロジーはヘルメット内の空気を清潔で爽やかな状態に保つことを保証しています。

さらに、広々としたエアインテークがスムーズな空気交換を可能にし、フロントとバックポートに配置されたノブで操作することができます。

さらに、コントロール部の周囲に配置されたラバートリムは、特定の調整をより正確に行うために、触覚的なコントロールのレイヤーを追加しています。

カラー・サイズ

カラーバリエーションはソリッドのみが2カラーの展開です。

  • ピュアラルホワイト
  • セミフラットブラック

そのほかのRPHA11モデルはワンカラーのみとなります。

価格

CARBON SOLID(カーボンソリッド)が税込み60500円。

SOLID(ソリッド)が税込み49500円。

そのほかのキャラクタープリントモデルは税込み71500円の販売価格となります。

【2024年】HJCフルフェイスヘルメットのおすすめ商品17選

HJC RPHA11シリーズの評判レビュー

HJC RPHA11の購入者のレビューや評判、ネットでの口コミをベースにまとめていきたいと思います。

サイズ感「他社に比べるときつめ」

同じ商品でXXSからXXLまで7種類あります。レビューの分析によると、普段別々のメーカーのMサイズのヘルメットを持っているユーザーは、Lサイズにすると正しくフィットする可能性がありそうです。最後に、チークパッド(頬当て)を交換することで、最適な装着感を得ることができます。

シールドロックが割と硬い

シールドの中央に位置するロックボタンは、かなり硬めです。渋滞で止まっているときなど、ある程度の開閉はできても、完全に閉めようとすると、硬くなりすぎてしまうことがあるんです。

ロックボタンをしっかり締めて閉めるためには、シールドを下げなければならず、かなり不便です。ロックボタンの硬さはシールドが自動的に浮くのを防ぐと思えば、メリットとなりまそうです。

イヤホン収納ポケットの深さがない

イヤホン装着部には、わずかな掘り込みがあるのみで深さが足りないです。イヤー部の内側を切り離すと、マジックテープの受け側が見えています。最近のヘルメットは、イヤホンがしっくりと収まります。

ヘルメットをかぶって約1時間、イヤホンが耳を圧迫し、かなりの苦痛をもたらすことがあります。これを解決してほしい。

思いのほか軽くて疲れなくなった

自動車教習所用にデザイナーズフルフェイスヘルメットにアップグレードしました。そのスタイルに惹かれました。

以前のヘルメットよりも数倍高価でしたが、即決で購入しました。正確な重量はわかりませんが、2000g前後あった以前のヘルメットよりかなり軽くなり、長時間の乗車でも首への負担が軽減されたことは間違いありません。

インナーパッドについては、しっかりしていて、固定もしっかりしています。海外製のヘルメットは日本人の頭には合わないという意見もありますが、このヘルメットは完璧でした。まだ、何年持ちそうかは分かりませんが、この高価なメットを大事に使っていこうと思います。

頬の窮屈さは使っていくうちに慣れてくる

国内の有力メーカーと迷いましたが、半額以下で購入できるHJCのRPHA11を選びました。頬の部分が少し窮屈に思いましたが、装着していくうちに自分に合うようになってきます。

視界がワイド・クリアで最高です

シールドはワンアクションで素早く交換することができます。さらに、ベンチレーターが6つあるので、暖かい季節にはより快適に過ごせるはずです。

実際に使ってみると、ワイドパノラマで視界がよく、透明度も抜群でシールドを付けていないかのような感覚になりました。

【2024年】HJCフルフェイスヘルメットのおすすめ商品17選

バイク情報
シェアする
ETCを使ってお得に高速に乗る方法‼

コメント