本サイトは一部PR広告が含まれます

2024年SHOEI(ショウエイ)バイクヘルメット人気商品14選

バイク情報

バイク用ヘルメットなら、世界トップクラスのシェアを誇るSHOEI(ショウエイ)がおすすめです。

安全性の高いフルフェイスヘルメットをはじめ、ジェットヘルメット、システムヘルメットなど、豊富な品揃えです。今回はSHOEIのヘルメットを14選紹介いたします。

【2024年】HJCフルフェイスヘルメットのおすすめ商品17選

【2024年】リード工業のジェットヘルメットおすすめ15選

バイクをどこよりも高額で売るなら
「カチエックス」 
完全無料29秒の入力で全国一括査定が可能!
高額買取の仕組みは中間取引業者を極限にカットすることで、中間マージンの削減に成功。

KATIX公式サイトはコチラ↓

29秒で無料お試し査定はコチラ↓
ネットでバイク売るならKATIX【KATIX】

SHOEIの歴史

東京・新橋にあった鎌田栄太郎の旅館は、ホンダの社員が利用する「指定旅館」であり、外国製ヘルメットに対する不満を経営者が聞いていた。これが、蒲田がプラスチック製ヘルメットの製造に着手するきっかけとなった。こうして1965年、蒲田はホンダとの取引を開始し、ヘルメットメーカーとして成長していく。その後、1968年には茨城工場と米国に現地法人を設立し、世界的なホンダの二輪車事業による需要増に対応した。

80年代に入ってからは、アイルトン・セナ、ジャン・アレジ、鈴木亜久里といった名だたるトップアスリートが愛用する四輪レース用ヘルメットなど、名実ともに世界一の生産・購買を誇る一流ブランドとして開花しています。現在も二輪車を中心としたラインナップで、その高い信頼性からMotoGPレーサーの間でも高い評価を得ており、需要がある。1992年、経営悪化のため会社更生法の適用を申請したが、三菱商事の支援により1998年8月に株式会社ショウエーとして再出発した。

迷ったらSHOEIのヘルメットを買っておけ!おすすめ14選

バイクに乗る人は、技量に関係なく、安全のために頭部保護具を着用することが義務付けられています。そうしないと、バイクに乗ることは違法とみなされ、事故の際に危険な状態になる可能性があります。

最適な保護を確保するために、最高水準の安全性を備えたヘルメットを選びましょう。メーカーや生産国は数多くありますが、ブランドで選ぶなら、デザイン性の高さと安全性で世界トップクラスのシェアを誇るSHOEIがおすすめです。

安全性の高いフルフェイスヘルメットをはじめ、ジェットヘルメット、システムヘルメットなど、豊富な品揃えで、自分に合ったヘルメットが見つかりやすいのがSHOEIです。

最高品質のオートバイ用ヘルメットや安全装置をお探しなら、SHOEIのヘルメットはいかがでしょうか。
60年以上前に設立されたSHOEIの社は、専門的に作られた保護性能の高いヘルメットやアクセサリーを提供し、高い評価を得ています。

今回は、そんな愛され続けるSHOEIブランドから、おすすめのヘルメットを14選ご紹介します。

SHOEIフルフェイスのおすす商品6選

フルフェイスヘルメットは、土砂降りや冬の凍結、突風などのアクシデントからライダーを守り、備えるために必要なものである。特にSHOEIのヘルメットは、万が一の時に命を守るための最高の安全装置であると評価されている。50ccのモペットからスーパースポーツバイクまで、ヘルメット着用者やドライバーの理想的な選択となっている。現在、SHOEIのフルフェイスヘルメットには、新たに6つのおすすめモデルが発売されています。

SHOEI X-Fifteen(エックス・フィフティーン)シリーズ

SHOEI X-Fifteenシリーズは、空力性能を最大限に引き出すスタビライザースポイラー、安全性を確保する内装パッドと調整システムを備えた最高級のレーシングフルフェイスヘルメットです。

世界中のGPレーサーに愛用されているブランドです。また、このプレミアムモデルには、エディ・ローソンやウェイン・レイニーの専用モデルなど、SHOEIフルフェイスを使用した過去の象徴的なレーサーをイメージした9種類のレプリカが用意されており、オーナーを魅了することは間違いないでしょう。

希望小売価格7万円台からですが、レースマニアにはたまらない魅力があるモデルです。

SHOEI GT-Air2(ジーティー・エアー2)シリーズ

SHOEI GT-Air2シリーズは、SHOEIのトレードマークである「安全性」と「作業性」を両立させたモデルです。長距離走行をするライダーのために、ミニキャップとポリカーボネート製の開閉式サンバイザー「QSV-2」をラインアップ。

また、視認性を高めるために、ヘルメットの形状や構造にも工夫を凝らしています。GT-Air2」の最大の特徴は、あご部分を覆って頭部に装着する「チンカーテン」というシステムで、静粛性と一体感を実現しています。さらに、その輪郭を側面から後頭部に向け、乱気流を減少させることを狙ったものです。

SHOEIの先進的なモデル構造は、アートワークやその他のデザインが維持の妨げにならず、クリーニングの際に簡単に改修できることを保証しています。価格は6万円弱と高価に思いますが、通気性や重量などライダーの疲労を最小限に抑えるための工夫が施されており、コスパを考えるならリーズナブルな価格で最高級のヘルメットであることがわかる。

SHOEI GT-Air2の評判レビュー「Dリングの紐が短い」

SHOEI Glamster(グラムスター)シリーズ

Glamsterシリーズは、SHOEIの誇る風洞実験により、防音設計と安全性はそのままに、5万円弱という驚異的な低価格を実現しました。E.Q.R.S.システムを搭載し、緊急時にテープを引っ張ると簡単にパッドが外れるように、チークパッドに明瞭なテープを装備しています。これにより、要救助者のヘルメットを容易に脱がすことができます。

しかし、注目すべきは、その優れた防曇性能である。一般的なフルフェイスヘルメットでは、着用者の呼吸による水分でシールド内に霧が発生する問題がある。Glamsterシリーズは、この問題を解決し、快適なモトライフをサポートするスポーツギアとして最適です。

テキスタイルの耐荷重と脱着に大きく影響するヘッドバンドのゆとりある幅と、ベルベット調のインナー仕上げにより、暑い季節にも対応できる快適な装着感を約束します。

SHOEI Glamsterの評判レビュー「インカムの取り付けには要注意」

SHOEI Z-8(ゼット・エイト)シリーズ

80年代からSHOEIのヘルメットを支えてきた初代SHOEI Zシリーズの中心テーマである「軽量・薄型」をベースに、構造的な剛性を高めつつ、各パーツの軽量化にも配慮しています。

フルフェイスで6万円弱という価格で、高速走行時の疲労を軽減する空力特性により、ストリートレーサーから高い支持を得ています。また、風切り音を軽減するイヤーパッドを採用し、SHOEIヘルメットの中で最も静粛性の高い内装となっています。

Z-8は、SHOEIのヘルメットの中でも特に充実した26種類を揃え、その中でも最上位機種である「Z-8 FLAGGER」は、現在最も多くのヘルメットが混在しているヘルメットです。フロント部の「シールドロック機構」が高速走行時の空気漏れを防ぎ、レース用のスターターヘルメットとして最適です。

SHOEI Z-8の評判レビュー「ロングツーリングもノンストレス」

SHOEI EX-ZERO(イーエックス・ゼロ)シリーズ

1980年代のSHOEI EXシリーズから着想を得て、オフロードルックを際立たせるヘッドシェルデザインを採用しました。後方に張り出したダックテール形状やフィルター付グリルが、シンプルかつスマートな印象を与える。CJ-3インナーシールドは、変形を抑え、アイウェアやメガネにフィットするバブルシールドデザインの外観を反映し、風による前照を軽減することで明瞭な視界を確保します。

シールドノブを左右に装備することで開閉を容易にし、プリセットレバーによりライダーの顔の骨格や鼻の高さに応じてシールドの下端を3段階に調整することが可能です。好みに応じて、ゴーグルを装着したり、シールドを収納したりすることができます。内装は取り外し可能なので、クリーニングしてきれいな状態で維持することができます。

内装の生地は起毛した繊維で完全に装飾され、装着時の快適性を最大限に高めています。また、色合いはクラシックなエッセンスを意識しています。シールド付近にはスエード調の生地が付いています。

カラーバリエーションは単色やマッドカラー、限定モデルなど含めて全10種類となります。価格帯は4万~5万円台とリーズナブルです。

SHOEI EX-ZEROの評判レビュー「シールド下から風が入り寒い」

SHOEI OPTICSON(オプディクソン)

チンガードに内蔵されたHUDモジュールは、右目の部品にあるコンバイナーに、走行に役立つ情報を照射します。走行距離や車線案内などのナビゲーション機能、時計、電話の着信通知などです。なお、二輪車専用ナビ「ツーリングサポーター」を利用するには、別途月額800円、年額8,000円の利用料が必要です。

表示されるデータはライダーの視界を妨げないため、走行の妨げになることはほとんどありません。さらに、チンガードの中央には調光器があり、周囲の明るさに応じてコンバイナーの明るさを調節することができます。また、手動で5段階の明るさ調整ができます。

OPTICSONには、スピーカー、マイク、コントロールスイッチなどのシステムがあらかじめ組み込まれています。このシステムにより、音声ガイダンスやビデオコントロールを利用することができます。また、スマートフォンからの発信・着信もスイッチで操作できます。また、ヘッドセットで簡単に音の調節や通話が可能です。さらに、HUDとスマートフォンをBluetoothで接続することで、音声入力や音楽ストリーミング、ナビ音声再生中に音楽を下げるオートボリュームも利用可能です。

ヘッドアップディスプレイ(HUD)のエネルギー源は、専用のバッテリーユニットです。リン酸鉄リチウムイオン電池を採用し、衝撃による発火を抑えるとともに、電池本体や接続コードに水を通さない構造になっています。別売りです。

2色展開で、メーカー希望小売価格は

  • 本体137500円(税込み)
  • バッテリー11000円(税込み)

となっております。購入先はSHOEI Gallery各店で先行限定販売となります。

 

SHOEI システムヘルメットおすすめ4選

OGK KABUTOは、世界有数の企業であるSHOEIが、他社に先駆け四つ打ちで製作したヘルメットで、人気が高まってきている。高い技術力で生み出され、トップクラスのレースで活躍し、その信頼性とステータスから継続的に販売されている製品は、幅広い年齢層に支持されています。

そこで、「SHOEI」レーベルから発売されているシステムヘルメットやオフロードヘルメットをご紹介します。これらのヘルメットは、大きく開いたフェイスシールドと素早く開閉できるフロントカバーが特徴で、フルフェイスヘルメットの保護性能とジェットヘルメットの爽快感を併せ持つヘルメットです。

SHOEI TR-3(ティーアール3)

日本のトライアルレース界において、不動のグランドチャンピオンとして名高い「全日本トライアル選手権トライアル」。その代表格である「SHOEI TR-3」に代表されるTRシリーズは、この最高峰の大会の参加者の8割以上が使用する信頼性の高いモデルとして、数十年に渡って支持されています。

毎年、数々のドラマを生む世界的な舞台で、TRシリーズのヘルメットはその保護性能と有用性を保証し続けてきましたが、最新のTR-3は、シリーズ最高峰と呼ぶにふさわしい完成度を誇っています。コースと自然を相手に孤軍奮闘するトライアルヘルメットの常として、ユーザー目線で設計された内部部品はすべて脱着式で、簡単にクリーニングすることができます。

また、オプションで内装を交換できるようにし、よりフィット感を高める「ハードパッド」を用意するなど、競技中にすぐに復活できるように配慮しています。これらのオプションを組み合わせることで、ユーザーの好みに合わせたカスタマイズが可能になるのも、SHOEIのノウハウと経験によるものです。

TR-3はシンプルな構造ながら、サイドにエアベントを設けることで空気循環機能を高め、数秒単位で変化するレースでライダーがより競争力を発揮できるよう、聴覚的な配慮もなされています。

21,000円という手頃な価格でありながら、そのコストパフォーマンスはライバルを圧倒しています。目立たないデザインでありながら、その安定性と高級感から、ビギナーに人気の高いヘルメットの一つである。

※現在こちらの商品は廃盤となります。

SHOEI VFX-WR(ブイエフエックダブリュー)シリーズ

希望小売価格は5万円台と、オフロード仕様の「HORNETシリーズ」と同等の価格で、世界のモトクロスライダーから圧倒的な支持を得ているモデルです。ヘルメットの特性上シールドを持たないため、ゴーグルを装着した状態でも十分な視界を確保でき、ミニマルかつスポーティなデザインが特徴です。

グラスファイバーと有機繊維の多層構造により、軽量でありながら高い剛性を実現し、モトクロス界で圧倒的な存在感を示しているのも、このモデルの特徴である。

保護具の不備による呼吸器系のトラブルは、金属製のガーゼと清浄機で効率的に対処します。また、鼻のシールドはネジを1本外すだけで、簡単に更新・維持することができます。

SHOEI VFX-WRの評判は悪い?「インカムの装着が難しい」

SHOEI HORNET ADV(ホーネットエーディーブイ)シリーズ

SHOEI HORNET ADVシリーズは、あらゆるオフロードシーンで優れたパフォーマンスと魅力を発揮する、多目的で耐久性に優れたモデルです。バイザーは、泥や埃から保護するサンガードの役割を果たすと同時に、小さな穴が空力的に優れています。

オフロード用ヘルメットにありがちな向かい風も、このバイザーによってかなり抑えられます。さらに、バイザーは「クイックリリーススクリュー」によって簡単に取り外すことができ、大幅な軽量化を実現するなど、Z-7シリーズと同様の特徴を持っています。

個性的なビジュアルデザインが特徴のHORNET ADVは6万円台と高価ですが、ベーシックバリエーションは5万円台と低価格で、オンオフ兼用で使えるヘルメットを購入する好機といえます。また、内蔵された空気循環システムは非常に優秀で、他ブランドのフラッグシップストリートモデルに標準装備されているものを凌駕しています。

SHOEI HORNET ADVのレビュー評判「空気抵抗無し/マットは傷が目立つ」

SHOEI NEOTECH(ネオテック)シリーズ

システムヘルメットは、AraiのRAPIDEシリーズを加え、フルフェイスヘルメットとオープンフェイスジェットヘルメットの中間的な存在として発展し、独自のカテゴリーとして認知されるようになりました。簡単に分解できること、パーツを交換することでカスタマイズできること、壊れたパーツだけを交換することでメンテナンスが簡単にできること、ヘルメットをかぶったままお菓子や飲み物を摂取できる利便性などから、今後、大きく需要が拡大すると予想されています。

世界的なハイエンドカンパニーであるSHOEIは、このヘルメットに力を入れており、代表的な商品としてNEOTECHシリーズがあり、大きな成功を収めている。欧米のサングラス規格を凌ぐUVカット率を誇るインナー曇り止めサンバイザーは、タップするだけの簡単操作で使用できます。

フルフェイスプロテクションヘルメットに匹敵する優れた気密性を持つSHOEIは、風漏れや空気の巻き込みなど、従来のヘルメットによく見られた弱点を払拭しているのである。NEOTECHの市場価格は5万円から6万円とやや高価ですが、消費者の皆様にはご満足いただいています。グラフィック柄のプレミアムモデル「NEOTECH II RESPECT」は7万円台後半で販売されており、デビュー当時よりも高く、今後さらに上昇することが予想されます。

SHOEIジェットヘルメットおすすめ4選

気温が高い夏は、屋外に出ると汗をかきやすいサイクリストにとって、つらい季節です。そこで、夏のライドにおすすめしたいのが、フルフェイスに比べ通気性に優れたオープンフェイスの「ジェットヘルメット」です。

フルフェイスほど頑丈ではありませんが、SHOEIの技術で必要な安全性は確保されています。また、下部が開放されており、視界の調整が可能なため、ヘルメットの着脱が多い女性ライダーやビジネスパーソンには特に魅力的なアイテムです。ここでは、女友達のタンデムや子供・家族用にジェットヘルメットをプレゼントしたい方のために、2024年現在、ユーザー満足度の高いSHOEIの人気ジェットヘルメットを4点ご紹介します。

SHOEI FREEDOM(フリーダム)シリーズ

SHOEI FREEDOMシリーズは、2万円台という価格競争力とクラシックで飽きのこないデザインで人気を博している、SHOEIの世界的な名品です。特にアメリカのバイク乗りの間では、このシールドのないジェットヘルメットのぴったりとした簡潔な構造が賞賛され、長年にわたって信頼できるマストアイテムであり続けています。

素材には超高強度グラスファイバーとオーガニックファイバーを採用し、耐久性と堅牢性を両立させ、フルオープンフォルムと合わせて軽量な印象が支持されています。静粛性や空力特性は劣るものの、その欠点をカバーする低価格を実現しているため、ハーレーのVツインエンジンとの相性は抜群です。さらに、シンプルな構造であるため、ペイントやデカールによるカスタマイズが可能で、通常のステッカーとドライヤーで完璧にフィットさせるだけでスマートに変身させることができます。

他のSHOEIのヘッドギアと比較すると、唯一の欠点は、アフターマーケットとして透明なシールドしか用意されていないことです。しかし、クラシックバイクのライダーには是非とも持っていて欲しいヘルメットの一つです。

※こちらの商品は受注終了となっています。

SHOEI J-FORCE4(ジェイ・フォース・フォー)シリーズ

SHOEIのジェットヘルメットの最上位機種「J-Cruise」とは対照的に、こちらの「J-FORCE4」シリーズは、エッジの効いたスタイリングと洗練されたビジュアル、そして通気性の良さにこだわった軽量な製品となっています。取り外し可能な吸湿速乾性に優れた内装を装備し、安全性を高めた、開放感のあるスポーツテイストのジェットヘルメットです。

このJ-FORCE4の特徴的な要素は、フロントからバックのエアインテークまで流れる流麗なアウトラインと、バックのスタイリッシュなテールを持つシェルシェイプです。これは単に見せるためだけでなく、高速走行時の抵抗を減らし、ライダーが長時間快適に過ごせるようにするためのもので、ツーリングバイクのオーナーから広く支持されている特性です。

J-Cruiseと比較すると、先進的な機能と魅力的なデザインを持ちながら、価格は5万円台前半とやや高めです。そのため、購入者は自分のスタイルや美意識に合ったものを選ぶことができます。色彩のコーディネートは、ルミナスホワイトを中心に6色を用意しました。また、単色でもスタイリッシュな印象があり、カスタムアートの下敷きにもなります。

SHOEI J.O(ジェイ・オー)シリーズ

スタイリッシュでクラシックなSHOEI J・Oシリーズは、ヤマハSRやカワサキ・エストレヤなどのヴィンテージバイクオーナーやレトロルックファンに高い人気を誇っています。ライダーのトータルファッションを損なわないハーフサイズのシールドが評判で、その代わりバブルシールドに近い外観とヴィンテージ感を味わうことができます。

また、「レシーバー」や「ハンズフリー」といったツアーに欠かせないアイテムにも対応しており、ビジネスライダーから支持されるジェットヘルメットとなっている。2024年現在、ベーシックな品格を誇る単色7種に加え、プレゼントにも最適な目を引くカラーのグラフィック版4種をラインナップしています。

価格も3万円台からと、手の届きやすい価格設定になっています。自分らしさを演出するために、おしゃれなワンピースとして着用するのも魅力的です。

SHOEI J-Cruise2(ジェイ・クルーズ・ツー)シリーズ

SHOEI J-Cruise2ラインは、SHOEIの長年の競争相手であるAraiや、より手頃な価格のWise Gearのヘッドギアを凌ぐ、最も人気のあるジェットヘルメットの一つです。明るい日差しやトンネルなど、視界が変化する気象条件でも手間なく開閉できる調光式インナーバイザーを装備しています。

さらに、他の追随を許さないQSV-1サンバイザーを装備し、アイウェアを装着したままでも視界を妨げないよう、簡単に切り替えができるようになっています。

また「HYGRA ®」の特性を活かし、快適性と速乾性を実現し、ロングライドでもヘルメットを脱いだりかぶったりする手間を省くことができます。また、業界標準を上回る優れた構造と堅牢性、豊富なアートワークデザインも特長です。

本製品は、現代の観光に欠かせない非接触通信を素早く設定できる構造になっており、ベテラン旅行者から多くの好評を博している印象的なデザインです。価格は5万円半ばとなります。

【2024年】HJCフルフェイスヘルメットのおすすめ商品17選

【2024年】リード工業のジェットヘルメットおすすめ15選

バイク情報
シェアする
ETCを使ってお得に高速に乗る方法‼

コメント