本サイトは一部PR広告が含まれます

SHOEI VFX-WRの評判は悪い?「インカムの装着が難しい」

バイク情報

バイクヘルメットメーカー・ショウエイのオフロードモデル・ブイエフエックス ダブルアールの特徴や評判、口コミレビューを紹介していきます。

2024年SHOEI(ショウエイ)バイクヘルメット人気商品14選

バイクをどこよりも高額で売るなら
「カチエックス」 
完全無料29秒の入力で全国一括査定が可能!
高額買取の仕組みは中間取引業者を極限にカットすることで、中間マージンの削減に成功。

KATIX公式サイトはコチラ↓

29秒で無料お試し査定はコチラ↓
ネットでバイク売るならKATIX【KATIX】

ショウエイ ブイエックスダブルアールの特徴について

VFXコレクションは、その強烈で先駆的なビジュアルと最高水準の安全性により、世界中のバイカーから絶大な支持を得ています。このモトクロスヘルメット「VFX-WR」は、VFXシリーズのアイコニックなスタイルはそのままに、衝撃吸収ライナー、内装、ノーズシールド、バイザーなどSHOEIの最新技術を投入し、全面的にリニューアルされたモデルです。

VFX-WRの大胆な変身は、オープンロードを制覇するために用意されました。VFX-Wの先駆的な美しさはそのままに、シールドやフェイシャルガードなどのパーツを外装と一体化させ、より力強くなったVFX-WR。ヘルメット後部のリッジデザインは、モトクロスの過酷なアクティビティにおいてゴーグルを装着した状態を維持し、かつ装着を容易にする目的でサイドに広がっています。さらに、シールドの付け根から頭頂部にかけて、連なるような曲線を描き、新たな手法でボリューム感のあるデザインに仕上げています。

シェル

VFX-WRは、弾力性のある丈夫な有機繊維と革新的な繊維の層の組み合わせにより、非常にしっかりとしたアウターレイヤーを実現しています。軽量化されたデザインは、ユーザーの快適性を確保し、ライダーの集中力を高めます。

ベンチレーション

VFX-WRは、発汗量が多く激しい運動が要求されるオフロードライディングに対応するために開発されました。従来のヘルメットに比べ、吸気口が高く、排気口も2つ増設されています。吸い込まれた空気は、衝撃吸収インナーに設けられたエアチャンネルを通り、ヘルメット内にこもった熱気を排出しやすくしています。

内装の仕様

3D形状のウレタンパッドは、快適なフィット感を実現するとともに、激しいライディングでもしっかりと頭部をホールドするグリップ力を備えています。一方、VFX-WRヘルメットは、汗をかきやすい頬や額部分に吸水速乾素材を、フード口部分にソフトな起毛素材を採用しました。この内装材の組み合わせにより、汗のベタつきによる刺激を軽減し、ライディング時の快適なフィット感とスムーズな着脱を実現しました。

バイザー

VFX-WRヘルメットには、独自構造のV-470バイザーが装着されています。多くの人に支持されているバイザーの高い部分が通常のポジションになるように作られています。バイザーとカバーが一体となったシェルの形状は、より敵対的な美しさを演出しています。バイザーの角度は、いつものように微調整が可能です。

シールド中央の開口部は、通常の位置にぴったりと収まるように構成され、後端にはネジを固定するためのボルトを挟み込む溝が設けられています。この配置により、バイザーの通常位置への調整が容易になり、またオフトレイルでの激しいサイクリング中にバイザーが不意にずれることを防いでいます。

ノーズカバー

VFX-WRは、口元の入口を広げ、それに伴いフェイスガードの幅も広げました。さらに、オフロードレジャーでの息苦しさを軽減するために、マスクの前面を高くしています。さらに、フェイシャルプロテクターには、ホコリやゴミの侵入を防ぐファブリックフィルターと、石や異物の侵入を防ぐアルミメッシュガードをバイザーの外側に装着して、保護力を高めています。スクリーンは従来通り、ネジ1本で取り外しが可能なため、立ち会いが容易です。

カラーバリエーション

カラー展開は全部で8種類あります。

ベーシックなモデルは全3種類の展開となります。

  • ホワイト
  • ブラック
  • マットブラック

グラフィックモデルは「VFX-WR PINNACLE(ピナクル)」と「VFX-WR ALLEGIANT(アレジアント)」があります。

ピナクルは全4カラーの展開となります。

  • レッド×ホワイト
  • ブルー×ホワイト
  • グレー×ブラック
  • オレンジ×ホワイト

アレジアントはブルー×ホワイトのワンカラ―のみとなります。

価格

ベーシックモデルは税抜き52000円です。

ピナクル・アレジアントともに税抜き65000円となります。

2024年SHOEI(ショウエイ)バイクヘルメット人気商品14選

SHOEI VFX-WRの評判レビュー

このトピックでは、SHOEI VFX-WRの口コミ評判レビューを紹介していきます。

風圧感がかなり少ない

街中でよく使うフルフェイスタイプよりも視点が広く、景色を眺めるときの揺れが格段に少なくなりました。アクセルを踏んでも風圧感はほとんどなく、重さも遜色ありません。

SHOEIのフルフェイスタイプはXLサイズですが、これはLサイズで、私には理想的なサイズです。風切り音もほとんど聞こえないので、ヘルメットやインカム、音楽も快適に使用できます。

頭頂部が涼しいから快適

VFX-Wですでに個性的でカッコいいと感じていましたが、WRモデルを見ると、より現代的な印象になりました。頭囲の大きさは、Webでの評判が証明するようにスリムです。

オフメットなので当然といえば当然ですが、別格だったのは頭頂部の風通りです。

気温35度の市街地をアベレージスピードで走っていても、首から上がかなり冷たくて嬉しいと感じました。

ゴーグルのゴムがかけやすい

VFX-WRゴーグルは立体的な構造のため、装着・脱着が簡単です。

また、Araiのようなヘルメットの形状は後頭部がカーブしているため、ヘッドバンドの形状に決まりがなく付けにくいですが、VFX-WRはゴーグルのゴムを装着する位置が決まっています。

インカムを装着するのが難しい

SHOEIの特徴である立体的なフォルムは、インカムの取り付け工程をさらに複雑なものにしています。目を引くデザインですが、その形状が設置の障害となります。

内装の汚れが目立ちやすい

速乾性に優れた素材の内装構造なので、汗をかいても一日中着ていても楽しめます。

残念なのは、内装が薄いグレーの生地なので、汚れやシミが目立ちやすいこと。定期的にお手入れすれば問題ないと思います。

2024年SHOEI(ショウエイ)バイクヘルメット人気商品14選

バイク情報
シェアする
ETCを使ってお得に高速に乗る方法‼

コメント