SHOEI GT-Air2の評判レビュー「Dリングの紐が短い」

バイク情報

バイクメーカー・ショウエイのジーティーエアー2のヘルメットの特徴や口コミ、評判・評価レビューを紹介していきます。

2023年SHOEI(ショウエイ)バイクヘルメット人気商品14選

バイクをどこよりも高額で売るなら「カチエックス(旧アップス)」 
完全無料29秒の入力で全国一括査定が可能!
高額買取の仕組みは中間取引業者を極限にカットすることで、中間マージンの削減に成功。

KATIX公式サイトはコチラ↓

29秒で無料お試し査定はコチラ↓
ネットでバイク売るならKATIX【KATIX】

ショウエイ ジーティーエアー2の特徴について

SHOEIのGT-Airは、その利便性と主張のある洗練されたデザインで、多くのライダーから高い評価を得ています。ツーリング用フルフェイスヘルメットとして高い評価を得ていますが、GT-Air IIはその伝統を受け継ぎ、優れた機能性と快適性を備えた、プレミアムツーリングフルフェイスのあるべき姿を表現しています。

デザイン性

GT-Airのルックスを継承しつつ、エアフローに合わせてヘッド前方から後方へと変化するアウターホルダーが特徴的なGT-Air II。鋭角的なアゴのラインと、通信機器を取り付けるための専用スペースが、巧みな造形のアクセントになっています。

サンバイザー

サンバイザーはレバー操作で開閉でき、トンネル通過時などの急激な照度変化にも対応できるよう、スモークスクリーンを素早く下げたり下げたりでき、目的地での停車時にシールドの切り替えが不要になりました。

また、GT-Air IIでは、サンバイザー下部とアイポートからの太陽光の侵入を最小限に抑えるため、従来品より5mm長いQSV-2サンバイザーを採用しました。さらに、ノーズスペースを5mm深くすることで、干渉を防いでいます。

シールドシステム

GT-Airのシールドベース「CNS-1」は、歪みを最小限に抑え、シールドを開く位置も微妙に変えて新設計しました。

適度な空気の循環を可能にし、顔面への強い吹きつけを避けるとともに、視界の曇りを防ぎ、クリアな視界を実現します。さらに、ウィンドウビーディングはシールドにしっかりと固定され、確実な結合を実現し、長期間の信頼性を確保しています。

チンストラップ

SHOEIの革新的なマイクロラチェットシステムは、厚手のグローブを装着していても簡単に操作できる便利で信頼性の高いソリューションです。

基本構成部品は弾力性に富むステンレス鋼で構成され、強固な強度を確保しており、締め付けると2つのペンチがラッチにしっかりと固定されます。

コミュニケーションツール

GT-AirIIには、SENAが独自に開発したインカムシステム「SRL2」がセットアップされています。ヘルメットとの相性もよく、取り付けに苦労することもなく、見た目も美しく仕上がります。

内装

バイクの乗り心地は、ヘルメットの内側の装着面に大きく依存します。そこでGT-Air IIは、頬や額などの肌に触れる部分に吸湿速乾性に優れたHYGRA®素材を採用しました。

さらに、着脱時の感触をソフトにするために、被り口付近を起毛させています。デザイン面では、チークパッドの底面にレザー調の素材を使用し、赤いステッチを施しています。

このステッチは、顎幕の生地部分やアイポート付近の衝撃吸収ライナーにも施され、スポーティさを演出しています。

カラーバリエーション

スタンダードカラーは全部で6種類の展開となります。

  • ルミナスホワイト
  • ブラック
  • マットブラック
  • マットディープグレー
  • アンスラサイトメタリック
  • マットブルーメタリック

他グラフィックモデルなども展開しており、全部で20種類程度あります。

価格

メーカー希望小売価格は、最安のスタンダードカラーモデル「税抜き53000円」、グラフィックモデル「税抜き60000万円台」となっております。

SHOEI GT-Air2(ジーティーエアー2)の評判

このトピックでは、SHOEIのGT-Air2の評判や口コミを紹介させていただきます。

機能や質感は満足だけど、Dリングの紐が短く感じた

SHOEIのヘルメット「QWEST」を3年以上使っていたので、そろそろアップグレードの時期だと思い、購入しました。当初は価格帯もあってSHOEI Z-7を検討していたのですが、残念ながら生産中止になっていました。後継機種のSHOEI Z-8の発売はまだ先なので、当初の予算を上回る他の製品を選びました。この製品の初値は、色相によって5万円台半ばから6万円台後半の間で変動します。

デザインについては美的感覚に優れていると思います。カラーバリエーションが豊富なのも魅力です。意外なことに、重量は軽い方で、以前から持っているQWESTとあまり変わらないです。

フィット感については、あごひもはラチェット式で、簡単にロックできます。快適な装着感ではありますが、私にとっては少し窮屈な感じがしました。最初は喉に当たっているような圧迫感があったので、そのような不都合を防ぐためにも、購入前に試着することをお勧めします。慣れてきたとはいえ、もう少しゆとりがあってもいいような気がします。

サンバイザー付きのヘッドギアは初めてでした。使っているうちに、利便性が高いと感じるようになりました。最近、旅に出たとき、大きなアドバンテージを感じました。

シールドは、以前はピンロックを使用していませんでしたが、曇りの発生を避け、視界を最大限に確保できるため、ピンロックをお勧めします。

ヘルメットを車体に固定するコネクター部分(Dリング)の大きさとアクセス性が気になった。Dリングが小さいので、ホルダーとの接続が難しいようです。補助リングを追加したり、別の取り付け方法が必要になるかもしれません。そのため、ヘルメットホルダーに組み込む場合は注意が必要です。

機能や素材はしっかり押さえていますが、ひもに関しては、細部にもう少し磨きをかける必要があります。

チンカバーの強度を上げてほしい

数日前、鍼やお灸でも治らなかった首の痛みがあるにもかかわらず、バイク博物館の特価品ヘルメットを買ってしまうという失態を犯してしまった。案の定、ヘルメットは不良品だった。SHOEIのGT-Air2を購入することにしました。幸いなことに、SHOEIにはインナーにサンバイザーがついていて、ちょうどいいフィット感に調整ができました。

白かマットブラックが欲しかったのですが、人気のためかほとんど品切れで、仕方なく写真のもので我慢しました。ただ、留め具のストラップがシリコン製のエレメントと連動しているため、簡単に外れてしまい、あご紐がない状態になってしまうのが難点です。さらに、チンカバーはストラップの上に装着するようになっているのですが、もっと外れにくくできないのでしょうか?それだったら、もっと弾力性のあるものにしたほうがよかったと思います。

2023年SHOEI(ショウエイ)バイクヘルメット人気商品14選

バイク情報
ETCを使ってお得に高速に乗る方法‼

コメント