本サイトは一部PR広告が含まれます

【ターミネーター2】ジョンコナーのバイク車種「ホンダXR100R」

有名人のバイク情報

人気映画「ターミネーター2」でジョンコナーが乗っていたバイクの車種について解説していきたいと思います。

バイクの車種は「HONDA XR100R」ですが、どんなスペックなのか見ていきましょう。

バイクをどこよりも高額で売るなら
「カチエックス」 
完全無料29秒の入力で全国一括査定が可能!
高額買取の仕組みは中間取引業者を極限にカットすることで、中間マージンの削減に成功。

KATIX公式サイトはコチラ↓

29秒で無料お試し査定はコチラ↓
ネットでバイク売るならKATIX【KATIX】

ジョンコナーが乗っていたバイク車種「ホンダXR100R」

ジョン・コナーの命を絶つために送り込まれたのは、未来から来たロボットの現代版、T-1000だった。

警察を装ったこのマシンは、周囲に警戒心を抱かせることなく、深刻な脅威を与えていた。ジョン・コナーは何とかゲームセンターに逃げ込み、近くにあったホンダのXR100R(1990年から生産されているモトクロッサー型競技用バイク)に飛び乗ると、ターミネーターは大型トレーラーに乗り込み、後を追ったのだった。

前作のジョン・コナーをT-800がアシストするシーンは強烈に心を揺さぶる。1990年に製造され、1991年の『ターミネーター2』の主役となったこのクラシックファットボーイハーレーダビッドソンは、アドレナリン全開のチェイスで選ばれた装備であった。

ホンダXR100Rは、日本では1990年に発売されましたが、海外ではそれ以前から販売されていました。1990年の国内仕様の、発売当時の価格は199,000円(税別)でした。レースだけでなく、ツーリングにも使えるモトクロスバイクの入門機として、手頃な価格で購入できるようになりました。

ホンダXR100Rはライダーの疲労を軽減し、長時間のライディングでもコントロールしやすい。発売当初の市場の反応からもわかるように、Honda XR100Rはあらゆるレベルのライダーから支持され続けている。

ホンダXR100Rは、オフロードバイクとして定評のあるモデルです。次トピックでは、ホンダXR100Rの特徴をわかりやすく解説していきます。例えば、エンジン性能、サスペンション、操作性などについて詳しく解説していきます。

ホンダXR100Rの概要

Honda XR100Rは、4ストローク単気筒エンジンと4速マニュアルトランスミッションを搭載したオフロードバイクです。1985年の発売以来、ダートバイク愛好家の間で人気を博しています。

ホンダXR100Rは、頑丈なスチールフレームと強力な空冷100ccエンジンを特徴としています。軽量設計と小型化により、初心者だけでなくベテランライダーにも最適です。

Honda XR100Rのエンジン性能

Honda XR100Rは、信頼性の高い4ストローク単気筒エンジンを搭載しています。6800回転で最大16馬力を発揮し、タフなトレイルに挑むパワーを備えています。さらに、4速マニュアルトランスミッションにより、走行中のシフトチェンジや加速が容易に行えます。

ホンダXR100Rのサスペンション

Honda XR100Rには、様々な地形に対応するためのサスペンションが搭載されています。14インチトラベルのフロントサスペンションと9インチのリアサスペンションを装備しています。リアサスペンションはプリロードとリバウンドの調整が可能で、カスタムな乗り心地と優れたハンドリングを実現します。

ホンダXR100Rの操作性

Honda XR100Rは、初心者の方でも簡単に操作できるように設計されています。シングルレバーの油圧ブレーキシステムを搭載しており、効きやすく、コントロール性に優れています。さらに、ロングトラベルサスペンションの採用により、快適な乗り心地をマスターしやすいバイクとなっています。

ホンダXR100Rは、信頼できるオフロードマシンを探しているダートバイク愛好家のための素晴らしい選択肢です。信頼性の高い4ストロークエンジンを搭載し、様々な地形に対応可能なサスペンションシステムを採用しています。

有名人のバイク情報
シェアする
ETCを使ってお得に高速に乗る方法‼

コメント