本サイトは一部PR広告が含まれます

市原隼人のバイク用のヘルメットはどこの?「TT&CO・BELL・BUCO」

有名人のバイク情報

市原隼人さんが、バイク用で被っているヘルメットはどこのブランドなのか、紹介していきます。「TT&CO」、「BELL」、「BUCO」のいずれかの可能性が高そうです。各ブランドの歴史も一緒に見ていきましょう。

市原隼人のバイクはカワサキ900スーパー4(Z1)「カスタムしててカッコいい」

バイクをどこよりも高額で売るなら
「カチエックス」 
完全無料29秒の入力で全国一括査定が可能!
高額買取の仕組みは中間取引業者を極限にカットすることで、中間マージンの削減に成功。

KATIX公式サイトはコチラ↓

29秒で無料お試し査定はコチラ↓
ネットでバイク売るならKATIX【KATIX】

市原隼人のバイクヘルメットはどこのブランドか

 

この投稿をInstagramで見る

 

市原隼人(@hayato_ichihara)がシェアした投稿

市原隼人さんがバイク用として愛用しているヘルメットはどこのブランドは判明していませんが、噂されているブランドを3選紹介していきたいと思います。

TT&CO(ティーティアンドカンパニー)

クラシックモーターサイクルへの関心が高まる中、ライダーの好みは多様化しています。安全装備として、ヘルメットは基本中の基本、ライディングに欠かせないものです。

東京都江戸川区で創業したTT&COは、ヴィンテージをテーマにした最高級のヘルメットで知られる日本のブランドです。

日本生まれで東京都江戸川区にあるTT&COの高橋弘之社長は、かつてカスタムチョッパーショップを経営しており、レトロなヘッドギアには相当な思い入れがあったそうです。

しかし、米国製のヴィンテージヘルメットを購入したところ、強度や内部部品の成形性に問題があることが見えてきました。そこで、少量ながらヘルメットを製作し公開したところ、予想以上の反響があった。クラシックバイクのファンが、カスタムショップのヘルメット製作に熱中します。

同社の製品の特徴的なテイストは、ヴィンテージな雰囲気を持ちながら、日本人の頭の輪郭に合うように特別に作られていることです。

同時に、日本の安全基準であるSG規格をクリアしているため、危険性がない。代表的な商品としては、取り外して洗えるインナー、こだわりのバイザー、カバーリングゴーグル、数種類のカラーバリエーションなど、数々の特徴を持つスーパーマグナムシリーズがあります。

また、レザーはニードルパンチ製法を採用し、ハンドメイドの風合いを表現しています。

BELL R-T初期型(ベルアールティ)

BELLはアメリカの伝統ブランドで50年以上の歴史があります。1950年代、ヘッドサポートが原因で障害を負ったレーシングドライバーが何人もいたことから、ロイは安全なヘッドカバーの重要性を認識するようになる。

彼は、ベル自動車部品会社のヘルメット部門を設立し、小さなガレージでこのオフィスは始まりました。ロイは、世界中のヘルメットを網羅的に集めることで、非凡なアイデアを実現しようとした。そして、長時間の計算と誤差の修正を経て、「500」型ヘルメットが誕生した。

このヘルメットは、その後、世界で最も厳しいといわれるスネル規格を必然的にクリアした「500-TX」に勝るとも劣らないものであった。ロイのヘルメットが非常に栄えたのは言うまでもない。

1956年のベルヘルメットの登場は、ロイたちの予想をはるかに超える評価を得、1957年にはベルヘルメットだけを扱う会社を設立するまでになった。

1962年には、初のフルフェイスヘルメット「STAR」を発売。その洗練されたパターンは最先端と評され、多くのプロレーサーに愛用されるようになった。

このデザインは、現在一般的に使われているフルフェイスヘルメットの雛形となった。BELL HELMETSは「500」モデルの発明を皮切りに、モータースポーツ界に大きな足跡を残し、世界中のライダーから尊敬を集めている。

BUCO(ブコ)

1933年創業のBucoは、ヴィンテージヘルメットで有名なアメリカの企業である。この年代物のヘルメットは、熱心なコレクターの間で評価が高く、高額で購入する人が多いようです。

日本では、安全性を向上させたヘルメットが、Bucoの復刻版として販売されている。残念ながら、アメリカでのBucoヘルメットの情報は入手しにくい。

1950年代から1960年代にかけて、多くの人が知る有名なヘルメットメーカーへと発展した。ハーレーダビッドソンのディーラーだけでなく、インディアンモーターサイクルのディーラーでも全国的に有名であった。

ハーレーやインディアンの顧客は、当時のオートバイ用アクセサリーメーカーとして、また安全なヘルメットのパイオニアとして、Bucoの名前を知っていたのである。

さらにBucoは、ヘルメットの製造だけでなく、ジャケットやアクセサリーをハーレーダビッドソンの顧客向けに販売した。

さらに、ヘルメットだけでなく、ジャケットやアクセサリー類もハーレーダビッドソンの顧客に供給し、軍や警察など多くの国家機関にも製品を供給していた。

しかし、世界的なオイルショックにより、BucoはASECの一部門として事業を継続することになった。

そのため、1966年にASECの傘下に入る前に製造されたヘルメットには、Bucoのラベルが貼られており、コレクターの間で高い評価を受けている。

市原隼人が愛用するヘルメットまとめ

PSCマークはBucoのキャップの定番だが、このキャップはPSCマークがないBucoやBELLの可能性がある。これらのキャップは同時期に生産されたもので、サイズが小さく、特徴的なウィングを持つことから、1960年代から1970年代にかけての時代の作品として人気があります。

ヘルメットの大きさからして、おそらくTT&coなどのPSCマークがないジェットヘルメットでしょう。もしくは1960~70年代のBucoやBELLのレストア品かもしれません。

市原隼人のバイクはカワサキ900スーパー4(Z1)「カスタムしててカッコいい」

有名人のバイク情報
シェアする
ETCを使ってお得に高速に乗る方法‼

コメント