乾電池で動くバイクETC車載器とは?
2020年自主運用ETC車載器まとめ

【2019年版】押さえておきたい注目の最新バイク5選(まとめ2)

バイク情報

こんにちは。2019年度の注目の最新のバイクを5選まとめて紹介させていただきます。
好みは分かれると思いますが、チェックしてみてください!

①Triumph Street Scrambler(トライアンフ ストリート スクランブラー)

272c60abc42f4eb9cf200ae86a8a0463

出典:https://www.ericomotorsports.com

このバイクは専用の120以上のアクセサリーがあり、誰でも簡単にカスタムすることが出来ますし、オフロードの走行を求めている方にもピッタリのモデルになります。

スイッチ1つでABSとトランクションコントロールのオンオフが可能です。
この機能性により世界的に評価を集めているのです。

ストリートスクランブラーに隠された技術には新しいロード&トレイと6アシスタントクラッチがあり極めて現代的な感覚を作り上げました。
これらのアシスト機能がバイク初心者にとっても熟練者にとっても嬉しいポイントの1つとなっています。

900㏄のエンジンは高いトルクを生み出すよう設計され、尚且つ車体重量はたったの198kgです。

トライアンフストリートスクランブラーの価格は110万円からです。

②Kawasaki Vulcan 900 Custom(カワサキ バルカン 900 カスタム)

6000000001

出典:https://ronayersmotorcycles.com

車体重量277㎏、燃料容量20Lを持つこのバイクは高速道路用に開発されました。
0型のタンクや平行に切断加工されたパイプ、ホイール、エンジン。
燃料噴射式の903㏄のVツインエンジンや高い前輪でドラッグスタイルのクロム合金のハンドルバーを持っています。

ですが、この見た目にかかわらず、滑らかで快適な走行を可能にします。
なぜなら、幅の広いドラッグバーが低い座席から前方の足ペダルまでテコの原理によって、リラックスした走行スタイルを実現したからです。

しかも経済的なバイクで注目も集めています。
なんと価格はおよそ85万円になります。

ETC車載器ならこちらがオススメです‼↓↓↓
PR
ETC車載器

③Husqvarna Svartpilen 701(ハスクバーナー スバルトピレン)

svartpilen_701

出典:https://www.visordown.com/

2018年に公表されたこのバイクはフレットトラックからヒントを得て制作されたました。

外観は鋭いラインと幾何学的な形を持ち、平坦調の12Lの燃料タンクが701と刻まれた2つの卵型のベアリングへと移動します。

不必要なギミックをすべて取り除いたり、シンプルでありながら伝統的な設計と先進的な設計を合わせることを目的とし作られました。

カフェレーサーからフラットトラッカーへと進化したこのバイクは粗暴な見た目を作るため意識された独特なフロントのヘッドライトマスク、座席、ハンドルバーを持ち合わせています。

エンジンは692.7ccのSOHCデュアルスパーク、4バルブシングルです。

価格は120万円からです。

④Ducati XDiavel(デュカティ エックス デュアベル)

XDiavel-S-MY18-White-24-Slider-gallery-1920x1080

出典:https://www.ducati.com

このバイクのコンセプトはクルーザーのコンセプトを現代的に再現したテクノクルーザーとも言えます。

長くて低い筋肉質な形に加え、最先端の技術が近未来的な雰囲気を醸し出しています。
また、過去のデザインも落とし込んでおり、トレリスフレームを見るだけでデュカティだと分かります。
その他ヘッドライトはオリジナルのデュカティをモダンに改良したものです。

ホイールのスピンは芸術的でエンジンは152馬力と126ジュールのトルクを生み出します。
40度の回転角度がダイナミックなパフォーマンスとエキサイティングな走行を可能としました。

第46回東京モーターサイクルショー2019の出典予定車両にもなっています。

⑤Confederate FA-13 Combat Bomber(コンフェデレイト FA-13 コンバット ボンバー)

confederate-fa-13-1

出典:https://uncrate.com

こちらのバイクは他のどんなバイクにも類を見ない世界観を持っています。
次世代の南軍限定生産モデルで2019年3月時点で5台しか世に出回っていません。

部品加工から完成まで800時間を要します。
100%のミリタリースペックのビレット、ステルスマットは陽極酸化加工が施されています。

エンジンは強力なVツインエンジンで容量は2163ccで216ジュールのトルクを最高時速257キロにて提供します。

茶色のクスタムレザーの座席により、まるでバイクというよりも機械仕掛けの獣にまたがっているような錯覚を起こすでしょう。
まるで生きているようです。ですが、そんな珍しい動物は安くはありません。(笑)

現在価格は1台1350万円で売り出されています。

【2019年版】押さえておきたい注目の最新バイク5選(まとめ1)はこちら

↓↓↓

【2019年版】押さえておきたい注目の最新バイク5選(まとめ1)
こんにちは。 今回は2019年に是非とも押さえておきたい新作バイクのご紹介をさせて頂きます。 では早速見ていきましょう! ① 出典: 出典: 漆黒で重量感を持ったボディが前方のフェンダー先から16インチのホイ...

まとめ

あれもこれもカッコいい、デザインで目移りしそうなモデルばかりでした。
是非参考までにしてみてください。

コメント