本サイトは一部PR広告が含まれます

ゼウスクリアのガラスコーティング「バイク乗り必須」評判や口コミを集めてみた

バイク情報

オートバイ、自動二輪車などのバイクをお乗りの方は、ガラスコーティング剤のゼウスクリア(Zeusclear型番NGC-FK)をご検討ください。

ゼウスクリアは、温度を調整し、汚れ防止に優れ、バイクのボディ素材を長持ちさせるコーティング剤です。この記事では、ゼウスクリアの効果、性能、メリットについて詳しくご紹介します。

Zeus clear(ゼウスクリア)

プロ絶賛のガラスコーティングZeus clear(ゼウスクリア)

バイクをどこよりも高額で売るなら
「カチエックス」 
完全無料29秒の入力で全国一括査定が可能!
高額買取の仕組みは中間取引業者を極限にカットすることで、中間マージンの削減に成功。

KATIX公式サイトはコチラ↓

29秒で無料お試し査定はコチラ↓
ネットでバイク売るならKATIX【KATIX】

バイク乗りにおすすめなゼウスクリアの効果

ゼウスクリアは、二輪車ユーザーにとって多くのメリットがあります。まず、ゼウスクリアは耐久性に優れています。さまざまな温度変化、太陽光、洗剤、風雨に耐えることができます。その結果、オートバイのボディを腐食や磨耗からより良く保護することができます。

第二に、ゼウスクリアは、ほこりや汚れによるシミを防ぎます。これにより、バイクのボディと美観を維持することができます。さらに、バイクのボディ周辺の塗装に影響を与えるウォーターマークも防ぐことができます。

最後に、ゼウスクリアは摩擦音を低減します。このコーティングがないと、バイクが走行する際に摩擦によって大きな音が発生することがあります。ゼウスクリアーを装着することで、このノイズを大幅に低減し、より穏やかな走りを提供します。

バイクを保護するゼウスクリアの効果は?

ゼウスクリアは、モーターサイクルを保護するのに高い効果を発揮します。耐久性と柔軟性を兼ね備えたコーティングは、過酷な気象条件や日常の摩耗からボディを保護します。

また、風雨によるシミや色あせを防ぐ効果もあります。

ゼウスクリアの性能・特性

ゼウスクリアは、二輪車の保護性能に優れているだけでなく、優れた性能特性も備えています。コーティングは、極端な温度、紫外線、洗剤などに耐えることができます。

そのため、過酷な気象条件のもとでも、モーターサイクルのボディ素材を確実に保護することができます。さらに、柔軟性に優れ、割れたり剥がれたりすることがありません。このため、素材の寿命を延ばすことができます。

ゼウスクリアの潤滑・摩擦低減効果

ゼウスクリアは、保護効果だけでなく、バイクを潤滑にし、摩擦を低減させる効果もあります。潤滑することで摩耗を抑え、車両の性能を向上させることができます。

また、モーターサイクルのシャシーにかかる負担を軽減し、効率的でスムーズな走行につながります。

ゼウスクリア「バイク専用ガラスコーティング剤」型番NGC-FKの詳細

【撥水タイプ】

■品番:NGC-FK1(Mサイズ) / NGC-FK2(Lサイズ)

■価格:9900円(税込み)

【セット内容】

・ボディ用ガラスコーティング剤
 [Mサイズ]23ml/[Lサイズ]46ml
・脱脂剤46ml
・メンテナンス用ボディーコーティング剤80ml
・洗車用シャンプー120ml
・鉄粉取りねんど1個
・マイクロファイバークロス2枚
・スポンジ大・小各1個
・施工シール1枚
・洗車マニュアル1冊

Zeus clear(ゼウスクリア)

プロの輝きがZeusclear(ゼウスクリア)で簡単に

ゼウスクリアの評判・口コミレビューを紹介

バイクでの利用者①

楽天で見た広告でこの商品を知り、その後YouTubeで確認動画を見て、商品の効果を保証しました。小さな車なのでMサイズを購入しましたが、説明文にあるように簡単に塗ることができました。2回目を塗り終えてもまだ残っていたので、バイクに塗ってみました。

広告や投稿動画が証明しているように、今まで届かなかったところに届く、素晴らしいアイテムだと思います。寿命については、これからです。当初38,000円の見積もりでしたが、10,000円で済みました。他の車にも適用できるように、また購入しようと思っています。

バイクでの利用者②

必要な材料がすでに揃っているので、最初の作業は非常に簡単です。また、1.5mという大きさなので、バイクや小型車にも対応できます。最近、水をかけてみたところ、水滴が転がり落ちて、製品が傷つくことはありませんでした。

とはいえ、撥水性能はパーマネント加工ほどではなく、時速60kmでも水滴が完全に素材から離れることはない。しかし、H20を塗布すれば、簡単に剥がせるようになる。3年間は効果が持続するとのことで、一流品といえるでしょう。

バイクでの利用者③

30年前のジープを手に入れたばかりなので、洗車の回数が少なくて済むのは助かります。ルーフもドアもないので、ボンネットとフェンダーを中心に塗装し、バイクのイメチェンにも十分な塗料が残りました。

ツヤ出し剤を塗った後のジープは、疎水性に近い顕著な輝きで、まるで数年前のような印象です。今言ったことを考えると、確かにタオルは必要ですね。

車での利用者①

車2台分と思いLサイズを購入しましたが、車の内装パネルやキャビネットに活用したところ、2台目を置くスペースがなくなりました。幸いなことに、クロスとスポンジが2枚ずつ入っていたので助かりました。保護膜を貼るときは、手早く簡単にできました。残念なのは、付属のスポンジが途中で傷んでしまったことです。それでも、タオルを1〜2枚余分に調達しておけば、楽に塗れると思います。今までいろいろなガラスコーティングを使用してきましたが、一番安心できたのがこの商品です。本当に3年持つかどうかはこれからですが、効率とコストを考えると、2年持てば御の字でしょう。

ここ4ヶ月は雨が多く、車に厚い汚れがついていないため、水洗いをする必要がない。やはり疎水性能は強力ですね。サイドステップや裏口は黒っぽい水垢がありますが、乾いた布で拭き取れるので便利です。n-boxは構造上、ドアミラーの下に水滴が付きやすいのですが、3コート塗装のため、目立った水滴の跡は見当たりません。白塗りが信じられないほどきれいなのです。以前乗っていた黒い車でも、同じようなことができたらいいなと思います。

板金塗装を専門とする知人から、リスロン社の「スーパーモリスUVC」という製品をメンテナンスとして活用することを勧められました。今のところ、この選択はかなり効果があり、以前は低下していた耐水性が復活し、水跡もなく最高の状態を保つことができました。直射日光に5時間晒された後でも、天井に付着物は見当たりません。さらに、今年の1月から2月にかけては気温が低かったため、洗車は1回しかできませんでした。しかし、これでも十分すぎるほど、住民を側面から支援しているのです。

車での利用者③

愛車の傷を整えるために、YouTubeにあったRYOBIのダブルアクションポリッシャーを使用しましたが、付属の粘土は活用せず、SureStarの粘土を選び、磨く前にしっかり洗車しました。 さらに、秘蔵の脱脂剤ボトルが意外と足りなかったので、シリコンクリーナーを別途購入することになりました。 付属のスポンジの塗り心地はまずまずですが、コーティング剤の消費量が最初は5〜8滴、その後は2〜3滴と少なく、かなり消費してしまいます。私の車は3代目フォレスターなので、Mサイズでは2〜3mlで足りず、Lサイズにして半額にしました。

この手の代用品は試していませんが、輝きなどについては思案中です…。タフさは無視するとして、それまで使っていたBLISSはどうなんだろう?最初はちゃんと磨いて掃除していたので、心もとない。毎週1回、2〜3時間の加工で1ヶ月分消費していたのです。 一方、塗装した部分を黙って片付けていれば齟齬などは生じないので、どこをどう塗るのが正しいのか、別々の視点から見ることが肝心です。多角的に精査することが必要です。これができていれば、間違いは起きないでしょう。5人のお客様が、このことを有益な助っ人として認めてくださいました。

新車納車時に、鉄粉を除去するまでもなく、私自身がセッティングを行いました。適切な指導を受ければ、時間はかかりますが、調和のとれた液剤の散布が可能です。誰にも邪魔されない環境で、ゆっくりと行うことをお勧めします。最終的には、艶のある仕上がりになり、満足のいく作業でした。私の場合、プラズマの粒子には一度も遭遇しませんでしたが、車の色調によっては、他の人と違うかもしれません。どうやら、2人のバイヤーがこの作戦で結果を出しているようです。

車での利用者④

ガラスコーティングは素人には難しい作業だと敬遠していたのですが、今回は、まず中古車に施工してみようと思い立ちました。知識はないけれど、実績はあるし、リスクを負う価値はあると思ったからです。しかし、車の表面を整えるのは、予想通り大変な作業でした。コーティングの効果を最大限に発揮させるためには、一定の大気条件を満たす必要があり、水を避けなければならないし、今は1年のうちでコーティングに最適な時期であるように思われるからだ。方法は簡単で、付属のスポンジに溶液を数滴垂らし、ワックスがけのようにクルマを拭くだけ。ただ、ムラができないように、間を置かずにすぐに拭き取る必要がある。ワックスがけのように、パネルごとに分けて塗ることができ、クルマ全体に同時に塗ることはできない。

若干の余りはあるものの、Mサイズのボトルでも十分な量です。特に初心者の方には助かるセットで、洗車キットに付属しているものだけで、ガラスコーティングを施工することができます。1万円もあれば、6万円や8万円も必要なディーラーや業者に頼むより、ずっと安く済みます。残りの溶液をアルミホイールやドア内装に費やせば、さらに費用は安くなります。日本コーティングでは、1時間程度で施工が完了する使い勝手の良さが魅力です。付属のスポンジは十分に伸びますし、残液も十分にあるので、作業を行うことができます。したがって、2台分としては十分すぎるほどの量と言えるでしょう。

 

まとめ

ゼウスクリアは、二輪車のボディ素材を保護し、長持ちさせる効果の高いコーティング剤です。耐久性に優れ、汚れを防ぐだけでなく、摩擦音も低減します。また、ゼウスクリアはバイクの質感を向上させるだけでなく、車体への負担を軽減する効果もあります。すべてのオートバイユーザーにゼウスクリアをお勧めします。

 Zeus clear(ゼウスクリア)

プロ絶賛のガラスコーティングZeus clear(ゼウスクリア)

コメント