乾電池で動くバイクETC車載器とは?
2020年自主運用ETC車載器まとめ

未来型の新型バイク!カワサキ「J」はAIシステム搭載?

バイク情報

2013年に東京モーターショーにて紹介されたKAWASAKI Jについて紹介していきます。
近未来型の映画に出てきそうなフォルムが素晴らしいバイクです。

KAWASAKI J

kawasaki

出典:https://www.pinterest.jp/

カワサキの3輪バイクではこれに匹敵するようなバイクはありません。
電気バイクですが、「ギガセル」という高速充放電が可能な大容量ニッケル水素電池を動力源とするバイクになります。
コンセプト段階なのでどのような機能性になるかは詳しくは決まっていませんがフォルム的に直接見てもプロモーションビデオを見ても非常に素晴らしい事は間違いありません。
完全に電気で稼働し後方のタイヤが動力を発揮します。
フロントの2つのタイヤにはハンドルがつながっていてより直接的なハンドル操作が可能となっています。

乗車モードで変化

さらに走行中でも乗っている位置を調整できるというのです。
スポーツモードでは人間工学に基づき空気抵抗の受けにくい前傾姿勢のポジションになり、
アタックモードではより低姿勢なポジションへと変化します。
直立モードでは普通のバイクを乗っているようなリラックスしたポジションへと変化します。

またフロントのタイヤの幅は乗車モードの設定によって臨機応変に狭くなったり、広くなったり変化します。

AIシステム搭載

AIシステムが搭載されているので走行者のヘルメット内のイメージディスプレイを通じてコミュニケーションをとることが可能となります。
スピードや天候や路面状況、交通状況などを読み取りながら、情報提供をしてくれる画期的なシステムになっています。

また、AI技術に学習の能力を持たせるとのことで、ライダーの経験やライディングスタイル、スキルなどをコミュニケーションを重ねるごとに学習していき、ライダーの特性を反映した独自のバイクへと発展していくそうです。

未だ、販売するかも定かではありませんが、近年AI技術の進歩も急激に加速しているので近い将来生産を行う日が訪れる可能性は大いにありそうですね。
バイクETCならこちらがオススメです‼↓↓↓

PR
ETC車載器

コメント