乾電池で動くバイクETC車載器とは?
2020年自主運用ETC車載器まとめ

近未来的な最先端の電動バイク【Hope Electric Bike】

バイク情報

こんにちは。今回は未来的な見た目の電動バイクのご紹介をさせて頂きます。
意外性と、アイデアの詰まったバイクで今後、世に出回るだろうモデルになります。

では、早速見ていきましょう‼

Hope Electric Bike

こちらはフランスの会社であるShiny Hammer(シャイニーハンマー)と産業デザイナーであるサビエル・アニエルが開発した流線形のカスタム電動バイクです。
サビエル・アニエルによれば、この二輪車は”プレAポルシェ356”と”iPhone”と”ポケモン”を融合することをイメージしてデザイン設計されたとても変わった形になります。

38_img8790

38_img8317 38_img8659

この技術的革新により初代のバイクであるポーランド産のVX1アキシスクーターから完全に生まれ変わりました。

未来的なデザインがありながらそのスムーズなスタイルは20世紀中ごろに大変人気だったモダンアートな雰囲気を醸し出しています。

38_img8548 38_img8352 38_img8580

またボディに注目していただくと、その磨かれた輝くボディは見るものを引き付けます。前方と後方は黒1色で塗装されており、炭素繊維のステアリングはたくましさを感じます。
そして、前輪にはスズキGFSが使われており、後輪はカスタムメイドになっています。

38_img8851 38_img8853 38_img8980 38_img8864 38_img9038

プロトタイプはオリジナルのVX1アキシススクーター走行距離278キロ最高時速120キロという特徴を受け継いでいます。

38_img8384-copie

画像 出典:http://shinyhammer.fr/

 

将来的には派手な色のバージョンが何種類も制作予定されておりますが、今日このバイクのデザインは批判と称賛の的になっています。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?
格好いいと思うか思わないかはさんぴ両論あると思います。
まだ、このバイクの詳しい情報が出回っていないため、簡素になりました。(笑)

以上になります。

ETC車載器ならこちらがオススメです‼↓↓↓
PR
ETC車載器

 

コメント