本サイトは一部PR広告が含まれます

リード工業BARTON BC10の評判レビュー「下道で乗るならコスパ最強」

バイク情報

国産ヘルメットブランド・リード工業(LEAD工業)のスモールジェットヘルメット「BARTON BC10(バートン)」の特徴や口コミ、評判レビューについて紹介していきます。

【2024年】リード工業のジェットヘルメットおすすめ15選

バイクをどこよりも高額で売るなら
「カチエックス」 
完全無料29秒の入力で全国一括査定が可能!
高額買取の仕組みは中間取引業者を極限にカットすることで、中間マージンの削減に成功。

KATIX公式サイトはコチラ↓

29秒で無料お試し査定はコチラ↓
ネットでバイク売るならKATIX【KATIX】

リード工業BARTON BC10の特徴について

BARTON BC10の主な特徴として挙げられるのが以下になります。

  • ラチェット式バックル
  • UVカット
  • ハードコート

シールド素材は、耐久性に優れたポリカーボネートを採用。耐摩耗性に優れ、日差しを遮るUVカットも施されています。ラチェット式の跳ね上げ機構により、片手でシームレスに開閉することができます。

フリーサイズの展開ですが幅広いユーザー(頭囲57~60cm)にご利用いただけます。帽子の内側に通気性の良いメッシュを採用し、熱や湿気の蓄積を軽減します。注意点としては内装の取り外しができません。

この製品は、着脱が簡単で、完璧にフィットするように修正することができます。信頼性の高いラチェットシステムは、常に均等に圧力をかけ、最高の快適性を確保します。また、ヘルメットホルダーを素早く確実に装着するためのDリングを装備しています。

  • 素材 帽体:ABS シールド:ポリカーボネイト
  • 重量 約1,250g
  • 外寸 約W250×D320×H245mm
  • 付属品 サイズ調整スポンジ

カラー・サイズ・価格

カラー展開は全部で4種類となります。

  • ブラック×オレンジ
  • アイボリー×ネイビー
  • ブラックフレア
  • ファイアエンジェル

サイズ展開はFREEのみとなります。

販売価格は税抜き10000円となります。

【2024年】リード工業のジェットヘルメットおすすめ15選

バートンBC10の評判レビュー

リード工業のスモールジェットヘルメットのBARTON BC10の口コミ、評判レビューを紹介していきます。

バブルシールドがもう少し長ければ最高

2022年に、新しい色合いと好評価に惹かれ、購入しました。すでに他社のシールドジェットを持っていましたが、サイズが2センチほど小さく、両耳をカバーしきれませんでした。

試験走行では、かなりの強風に見舞われ、目を開けることができずでした。個人差はありますが、目が乾いてしまうかもしれません。

バブルシールドのクセは我慢できる程度で、内側は曇ることがあるので、冬場は曇り止めが必要です。

結局のところ、シールドが短すぎるというのが結論で、多少緩くても2cmほどプラスすれば、風を通さず、より安心感が増すと思います。メガネユーザーには残念だが、顔への装着感は非常によく、快適である。

下道で乗るなら最高のスペック

大型バイクを運転するときは、基本的にフェイスマスクをつけていますが、ダックスを購入したのでBARTONを購入しました。

値段が安く、試着もしていなかったので心配でしたが、全く問題なく使用できました。

下道で乗り回すなら十分なスペックです。形状もいい感じです。この値段なら、色違いでもう1つ欲しいくらいです。

ヴィンテージ感が好みで、コスパが良い

このデザインのヴィンテージ感はかなり気に入っています。被り心地も窮屈感がなく、私にとっては大きなメリットです。コスパはかなりいいと思っています。

ベルトの装着がノンストレス

ベルトは難なく装着でき、楽に活用できる。フリーサイズなので、見た感じはかなり大きく感じますが、被り心地は特に気になりませんでした。万が一、気になる場合は、付属のスポンジで簡単に修正できます。最終的には価格と品質の比率で満足しています。

【2024年】リード工業のジェットヘルメットおすすめ15選

バイク情報
シェアする
ETCを使ってお得に高速に乗る方法‼

コメント